当院の取り組み

子犬ちゃんのオリエンテーション

ワンちゃんとの暮らしがよりハッピーなものになるよう、当院では『子犬ちゃんのオリエンテーション』を行っております。診察時間ではお伝えしきれない、育て方やしつけに関するお悩みなどについてご相談を承っております。

ワンちゃんとの生活はどうしても教科書どおりには上手くいかないこともあります。ワンちゃんの種類や性格に違いがあるだけでなく、それぞれのご家庭によってお部屋の間取りや家族構成など、ワンちゃんの居住環境も違います。

オリエンテーションは個人的なご相談形式ですので、お気軽にお話しいただければと思います。ワンちゃんと暮らし始めたばかりの方、子犬ちゃんのことでお悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。

「3つの悩み」が解決すれば、子犬ちゃんとの生活がもっとハッピーに

子犬ちゃんがおうちに来て一緒に暮らし始めると、多くの方が次の3つの行動に困ってしまうかと思われます。それは、 「①トイレの失敗」「②甘噛み」「③無駄吠え」です。

① トイレの失敗

トイレトレーニングはワンちゃんのしつけの最初の難関です。トイレトレーニングの基本は、成功したときと失敗したときにそれぞれ適切な対応をとることで、ワンちゃんに自発的にトイレに行く動機をつくってあげることです

ワンちゃんの習性や性格をよく知り、気持ちをよく考え、根気よく取り組むことが何よりも大切です。

② 甘噛み

『甘噛み(甘咬み)』とは、じゃれたり遊んだりしているときなどにワンちゃんが手などに噛み付くことを言います。子犬ちゃんのうちは痛くないかもしれませんが、大きくなっても同じことをしてしまうと危険です。ワンちゃんには「ヒトを噛んではいけない」ということを理解してもらう必要があります

けれどワンちゃんにとって何かを噛むことは自然なことです。とくに歯が生え変わる時期は歯がむず痒く、何かを噛んで気を紛らわせようとします。噛むこと自体を怒るのではなく、噛んで遊べるおもちゃなどをあげて、噛んでいいものといけないものがあるということを理解してもらいましょう

③ 無駄吠え

ワンちゃんの無駄吠えは、ご家族の方が悩まされるだけでなく、ご近所様にもご迷惑をおかけしてしまうかもしれません。ワンちゃんが吠えてしまうのは本能的なことですが、ヒトと一緒に暮らしていくためには分別が必要です。

『無駄吠え』とは言っても、「要求」だったり、「不安」だったり、あるいはストレスだったり、ワンちゃんが吠えるときは何かしらの意思表示をしているはずです。ご相談いただく際には、どのようなときに吠えてしまうのかをお教えください。状況に合った対処法をアドバイスさせていただきます。

ページの先頭へ